忍者ブログ
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索









































ジムニージプシー
愛車ジムニーにて現実逃避一人旅を妄想する 引きこもり系アウトドアブログ 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6日目は、犬島で公演中だった維新派の演劇「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」という演劇を見にいきました。犬島は岡山から行った方が近いため、午前中は岡山を観光して、午後に犬島に向かうことにしました。

宇野にフェリーで渡り、電車で倉敷へ。
IMG_0165
漆喰塗りの素敵な町並みです。外観は古い建物ですが、内装は様々で、カフェや雑貨屋さんなどおしゃれなお店がいっぱいです。写真はフレンドリーなトルコ人(?)のお店。なんかシュールです。

その後、港までバスで移動し、フェリーで犬島へ、まずは島の作品を見ました。
IMG_0173 IMG_0174
建築家の妹島和世さんの作品が点在しています。

R0013434
犬島アートプロジェクト「製錬所」。島にもともとあった銅の製錬所をアートスポットにリノベ。廃墟のような存在感です。

IMG_0176
製錬所の隣の屋台村はロックフェスさながら。

実は舞台のチケットを持ってなかったんですが、なんとか当日券買えました。
R0013483
丸太を組んだ足場の様なアプローチから客席に入ります。残念ながらお芝居は撮影できませんでした。帰りは犬島から高松までの直行便で帰り、高松港からまた遠いキャンプ場まで徒歩。。。実はキャンプ場に帰るには、病院を越えてから、長い墓地を通らなければならなくて、夜中に一人でビビリながら帰宅したのでした。(ちなみにキャンプ場には古墳がありました)

これまでは、つくられた作品を鑑賞するという見方でしたが、この日は芸術祭ではじめて、バンドのライブや演劇といったライブパフォーマンスを見ました。静かに絵をみるのとは違った、作品と同時に時間が流れてる感覚を味わいました。芸術祭中は各島で、色々なライブやワークショプなどのイベントをやっているので、実際に参加するのも面白いかと思います。

出費 ¥15730

 フェリー   ¥ 690
 バス     ¥ 750
 飲み物    ¥ 240
 酒      ¥1500
 CD      ¥5000
 カレー    ¥ 550
 演劇+(舟代) ¥7000

この日はかなりの出費でした。演劇はともかく、屋台村で酒を飲み過ぎました。あと旅先で聴けないのにCDを3枚も買ってしまいました。アホでした

PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
PR





  • SEOブログパーツ
忍者ブログ [PR]