忍者ブログ
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索









































ジムニージプシー
愛車ジムニーにて現実逃避一人旅を妄想する 引きこもり系アウトドアブログ 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気が向いた時に、思い出しながら書いております。

7日目は、一番大きな小豆島(しょうどしま)に行って参りました。大きな島なので、バスで移動しながら作品を見て回ります。

最初に見た作品は、スゥ・ドーホーさんの『Net-Work』という作品
IMG_0195 IMG_0196
遠目に見た時は、ただの網に見えますが、近くで見ると人がつながって網になっています。たまに金色の人が混じってます。

こちらは全部金色の、その名も『宝船』です。
R0013494
実際に運行するらしいですが、私が行った日は、残念ながらお休みでした。

IMG_0207 IMG_0210
廃校になった学校に展示された作品。右の作品は、瀬戸内海各地で採取した土を並べた作品です。土って以外に色とりどりです。


王文志さんの『小豆島の家』という作品。竹でできた巨大なドームです。
IMG_0218
農村歌舞伎という文化が残ってる場所で、ドームの中は舞台の様な空間です。

IMG_0223
竹の隙間からの光が奇麗でした。

小豆島は大きな島だけあって、広い田園があったり、大きな山があったり、バスや車がたくさん走っていたりと、他の島とは風景が違いました。バスに乗るタイミングを間違えて遠くまで歩いていったら、炎天下も相まって、ひどく日焼けをしてしまいました。瀬戸内海に来て約一週間ですが、そろそろ帰る時期かなと思い、キャンプをしている男木島へ戻り、帰り支度を始めました。

IMG_0235
最後に一人打ち上げ。男木島のカフェにて、めおんバーガーと柑橘トリプルサワーをいただく。めおんバーガーは、エビのカツがサンドしてあります。

テントをたたみ、ザックにつめこんで、男木島を後にしました。一週間暮らした瀬戸内海を離れるのはすこし寂しいです。島々で色々な作品を見てきましたが、作品もさることながら、瀬戸内海の自然や人々の素晴らしさを体感しました。

美術作品を見る場所は、普通は美術館なので、美術館に入る時に作品を見るモードになりますが、この芸術際では、民家の中や、街の中に作品が点在しているので、常にアートを見る目線でいろいろな物を見るということをしました。美しいものがあるんじゃなくて、美しいと感じる目があるみたいな事を聞いたことがありますが、感じ取ろうとすることが大切なんじゃないかと思いました。日常の生活でも、目線を変えればアートになる様なことがたくさんあるかもしれません。


出費  ¥5045

 フェリー     ¥2240
 食費       ¥ 635
 バス       ¥ 620
 ジュース     ¥ 320
 オリーブソフト  ¥ 250
 バーガー、サワー ¥ 980
 


PR
COMMENTS
この記事にコメントする 
NAME:
TITLE:
URL:

MESSAGE:

PASS:[]
TRACKBACKS
この記事にトラックバックする 
PR





  • SEOブログパーツ
忍者ブログ [PR]